BLOGブログ♪

ブログ

予防には運動!

長年にわたる悪い生活習慣によって引き起こされてしまうのが生活習慣病です。

食事や運動不足、ストレス、喫煙や過度の飲酒といった生活習慣の積み重ねによって引き起こされます。自分では当たり前と思っていた習慣を改善しないでいると、将来取り返しのつかない事態を招くこともあります(°_°)

危険性のある生活習慣病のうち、高血圧、動脈硬化、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞など運動や食事などの改善が必要です。

〈 生活習慣病対策は、まず食事の改善がポイント!〉

体によくない食習慣を続けることで、生活習慣病につながってしまう可能性があるのです。

・濃いめの味付けが好き

・野菜をあまり食べない

・ファストフードやコンビニ弁当をよく食べる

・朝食を抜いてしまうことが多い

・お腹がすいて眠れないと、つい夜食を食べてしまう

・お腹いっぱい食べないと気がすまない

・早食い

このような傾向がある場合は、改善をする注意が必要です。

〈 運動は基本中の基本 〉

運動不足は生活習慣病の発症を手助けしてしまいます。

運動によって血管を健康な状態に保てば動脈硬化を防ぐことができ、心筋梗塞や脳卒中などのリスクを減らすことが可能なのです。同時にメタボリックシンドロームも解消することが可能です。そのため、次のようなことが当てはまる場合は、運動不足解消を心がけましょう。

・事務職なので仕事中はほとんど歩かない

・休日は外出せずに家にいることが多い

・駅に階段とエスカレーターがあれば、必ずエスカレーターを使う

・最近、汗をかくような運動をした記憶がない

生活習慣病予防法のポイント!

1.喫煙をしない

2.定期的に運動をする

3.飲酒は適量を守るか、しない

4.1日7~8時間の睡眠をとる

5.適正体重を維持する

6.朝食を食べる

7.間食をしない