BLOGブログ♪

ブログ

脂質を避けている方必見!!

【脂質の主な働き】

・身体に蓄えられ、必要に応じて分解されエネルギーになる。

・エネルギー源として体温の調節や、働く力となります。少量の脂質で多くのエネルギーを得ることができます。

・細胞膜や脳神経組織をつくる材料となる

・ホルモンの材料になる

✴︎人体、分泌物質などの体内合成

体は、生体機能を維持するために様々な物質を作っていて、脂質はタンパク質と同様、その材料となります。

コレステロールなどの生体に重要な物質は、一定量までは体が勝手に「炭水化物」などから作ってくれますが、それで全てを補うことはできません(°_°)

そのため、成長期等に極端な脂質の摂取制限をしてしまうと、成長不良や肌・皮膚の異常、神経伝達機能の障害を生じる可能性があります!

✴︎脂溶性ビタミンの運搬

ビタミンA、D、E、Kは脂溶性ビタミン、つまり水ではなく油に溶けやすいビタミン類で、脂質を含む食品と合わせて摂ることで、吸収効率が上がります。

逆を言えば、一定量の脂質摂取がなければ、いくらビタミンを摂ってもこれらのビタミン欠乏を引き起こす可能性があると言うことです。

✴︎食事に豊かなうまみと楽しみを与える

脂っこい物っておいしいし、食べたときの満腹感。これは捨てがたい幸福にもなります。

実際、脂っこい物は消化が遅いので腹持ちが良く、他の食品に比べ満腹感が持続するようです。

ダイエットを行っている時、脂質は避けなければいけないと思う方は多いと思いますが、良い脂質【魚の油・アボカド…】を摂る事も重要になってきます!