BLOGブログ♪

ブログ

炭水化物を抜くと危険!?

炭水化物の役割とは、「3大栄養素」と呼ばれる大事な栄養素です!

食べ物から摂取した炭水化物は、消化され、ブドウ糖に分解されます。そして肝臓・筋肉に「グリコーゲン」という形で貯められ、一部は、血液中に「血糖」として存在しています(^^)

大事なのは、「脳の唯一のエネルギー源」であること。あまりに摂取する炭水化物を減らしてしまうと、集中力がなくなったり、思考力が低下する原因にもなります!

私たちは体を動かす際に筋肉を使いますが、そのエネルギー源となるのが「炭水化物」です。

炭水化物はご飯やパン、麺類などに多く含まれており、体内に取り込まれることでエネルギーへと変換され、筋肉を動かしているのです!

また、運動をすることによって筋肉を構成する組織の一部が損傷しますが、それを回復させるためにもエネルギーが必要となります。

この回復がしっかり行われなければせっかくトレーニングをしてもその効果が十分に得られないことがあります。

エネルギー不足にならないためにもトレーニング前だけでなく、大量のエネルギーを消耗したトレーニング後にも必要量の炭水化物を摂取することで、効率よくカラダづくりをしていくことが出来ます。

炭水化物を控えるメリットとして、最もうれしいのが “脂肪の燃焼効果が期待できる” 点!

また、水分を溜め込んでしまう糖質を摂らないことでむくみの予防につながります。たんぱく質の量が増えると水分代謝や血行を促すことで、フレッシュな状態を目指せます!

炭水化物や砂糖などの糖質を控えることでカラダが糖化するのを防ぐ働きも。ちょっとむくみを抑えたいというひとにおすすめです!

さらに、脳が活性化することにより、空腹感を感じにくくなるという特徴があり、代謝が上がっているうえに、空腹感を感じにくい状態になっているのでリバウンドの危険性が低いのもポイントです!