BLOGブログ♪

ブログ

睡眠はそんなに大事なの⁉︎

睡眠でまず大事になるのは睡眠時間をきちんと確保することです。日中眠くなることが多かったり、仕事や学校のない休日に朝遅くまで寝てしまっている場合は、日ごろ睡眠時間が足りないというサインになります!

睡眠時間を確保することは、健康にとってとても重要なことです。睡眠不足だと風邪をひきやすくなったり、高血圧や糖尿病の要因にもなるのでしっかりと睡眠を取ることが大切です。

また、寝入ってから2~3時間後に分泌されるのが成長ホルモンです。成長ホルモンは単に「成長」を促進させるだけでなく、「細胞の修復」や「疲労回復」に役立っています(^ ^)

「睡眠が不足しているなぁ」と感じた翌朝に、肌のコンディションがよくないと感じたことはありませんか?

それは、成長ホルモンが十分に体にいきわたっていないからかもしれません!

体内時計をリセットするのに有効なのは、まず朝起きたときに太陽の光を浴びること!!

これによって、体内時計の「親時計」を目覚めさせることができます。1日のリズムを取り戻したら、睡眠や入浴、食事を計画的に行うことを考えて行動しましょう!

1.食事は就寝する3時間以上前に済ませ、胃腸を休めてから寝るのが理想的です。また、質のよい睡眠のためには、体を温める食事を選びましょう。人は高い体温が下がるときによく眠れます。

2.運動は夕食後1時間以上たっていて、就寝する2時間以上前までに行うといいでしょう。適度な疲労感は、睡眠のよきパートナーです。しかし寝る直前に運動すると体温が高くなりすぎ、寝付くことが難しくなりますから注意しましょう!

3.入浴はシャワーですませるのではなく、40度くらいのぬるめのお湯にゆっくりつかるのが効果的です。リラックス効果が得られるだけでなく、高くなった体温を放熱しようと血管が開くことで、副交感神経が優位になります。そして血流のよくなった四肢から熱が逃げていき、体温が下がることで寝付きやすくなるのです。

風呂上がりに手首や足首を伸ばすといった軽いストレッチを行うことも、質のいい睡眠へ繋がります!