BLOGブログ♪

ブログ

不足しがちな…

体内のカルシウムは、99%は骨と歯に、残りの1%が血液などの体液や筋肉などの組織にあります。この1%のカルシウムが出血を止めたり、神経の働きや筋肉運動など、生命の維持や活動に重要な役割をしています!

カルシウムの多い食品は、牛乳、小魚、海藻、大豆および大豆製品、緑黄色野菜などです(^^)v

< カルシウムの主な働き >

・骨、歯などを形成

・血液凝固

・筋肉収縮

・神経の興奮の抑制

・細胞の機能調節

・血圧上昇の防止

< カルシウム不足の症状 >

↓  カルシウムが不足すると次のような症状や病気が起こる可能性が出ます!

・小児のくる病

・骨粗鬆症

・心疾患

・高血圧症

・動脈硬化

・妊娠高血圧症候群

・認知障害

・免疫異常

・糖尿病

・肥満

・腫瘍

・軟骨の変性と変形性関節症

骨や歯を作るのに不可欠なカルシウム。

実は吸収率が低い栄養素で、牛乳で約50%、小魚や野菜からは約30%程しか吸収できません。きのこ類や鮭などに含まれるビタミンD、大豆やナッツに含まれるマグネシウム、ブロッコリーやほうれん草などの野菜に多いビタミンK・Cと一緒に摂ることがポイントになります!

カルシウムの体内での吸収を、助けてくれます!

カルシウムを多く含む食品の中で牛乳があげられますが、牛乳を原料にしたチーズ・ヨーグルト・アイスクリームなどの乳製品も、カルシウムを豊富に含んでいます!

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする乳糖不耐症の方も、乳糖が分解されているチーズなどの乳製品であれば取り入れやすいかと思います!